|トップぎゃらりーお問合せ・ご注文渡辺洋一の略歴と版画展 |作品ふぁいる版木と絵の具・ばれん書票の小箱はんがの座

木版画家 画・刻・摺 渡辺洋一

                                                  *画像をクリックすると拡大表示いたします

1951年 名古屋市生まれ。
71年 浮世絵北斎芸術に強い影響をうけ、木版画研究に没頭する。
75年 浮世絵版画手摺師・加藤由太郎氏*(明治40年生れ)に摺りの指導を受ける。
82年 月刊なごや(北白川書房)に「僕の名古屋十二景」を通算39図連載。*01
85年 CBCテレビ・なごやウィークリーに出演。作品紹介される。
     書票集「子ども飯茶碗の絵・26葉」吾八書房刊*02
     中国版画蔵書票展に書票・子ども飯茶碗の絵出品(中国人民美術出版社・収蔵)
86年 季刊「銀花」六十八号(文化出版局)に書票・子ども飯茶碗が紹介される。
     ちくさ会(木版画頒布会)発足。
87年 名古屋テレビ「一芸一話」に出演。作品紹介される。
88年 季刊「版画芸術」62号(阿部出版)にて、オリジナル添付作品を制作(8,575枚)。*03
90年 NHK名古屋放送局・マイタウン情報・季節の花にて48図放映される。
90年 大林堂・書泉(学生部・月刊)表誌に名古屋風景を通算36図連載。
94年 季刊「銀花」100号(文化出版局)百を寿く木版画制作(5,000枚)に参加。*04
95年 中山道木曽路十一宿(12図)完成する。
96年 山のかたちシリーズ制作を始める。(1987年~2010年までに山の版画、約60図を制作)
99年 第14回国民文化祭・ぎふ99 オープニングフェスティバル オリジナルパフォーマンス「スク  
     ナ」飛騨の祖王 (両 面宿儺伝説)20図制作。*05
05年 第50回CWAJ現代版画展(東京アメリカンクラブ)・「白い花-3」を出品・米国議会図書館
     に収蔵。*06ht  http://www.loc.gov/exhibits/cwaj/online/gallery5.html
        日本語翻訳 www.loc.gov-exhibits-cwaj-online-gallery5.html - Translator
08年 第53回CWAJ現代版画展(東京アメリカンクラブ・神戸外国倶楽部)「まるなす」を出品。*7
10年 由比宿東海道「あかりの博物館」開館十五周年記念作品を制作。*08
11年 平成版「名古屋風景五図」を制作 *9
         熱田さんの信長塀・納屋橋風景・桜橋風景・名古屋城・鶴舞公園
13年  空の下シリーズ制作を始める
14年  第59回CWAJ現代版画展(東京アメリカンクラブ)・「五つの赤いりんご」を出品*10
    
 2014年CWAJ現代版画展  http://www.cwaj.org/printshow/handsonart-j.html
 *1 納屋橋
    *2 書票
      *3 さるとりいばら・他
*4 招きねこ・他
 *5 スクナ
  *6 白い花ー3

  *7 まるなす
  
*:8 あかりの博物館

*9名古屋風景五図

五つの赤いりんご

1980年よりの主な版画展

1980年より愛知・群馬・千葉・東京・神奈川・静岡・岐阜・大阪・兵庫にて個展多数。
でくの房(前橋市)1985年~2000年 16回
電気文化会館西ギャラリー(名古屋市)1995年
フジ画廊(千葉市)1992年~1996年 2回
TAKENAKA銀花(名古屋市)1990年~1998年 9回
画廊あーといちじょう(千葉市)1997年~2001年 3回
JR大阪セルヴィスギャラリー(大阪市)2003年 主催・読売新聞大阪本社、読売テレビ、JR西日本
アートボックス(豊中市)1990年~2005年 7回
ギャラリーがらんどう(安城市)2001年・2006年 2回
art salon 一閑 hitotoki(名古屋市)1998年~2009年 5回
ワイアートギャラリー(大阪市)2005年~2012年 3回
画廊梵(可児市)1990年~2014年 11回
名古屋栄三越ジャパネスクギャラリー(名古屋市)1999年~2014年 15回
名古屋栄三越美術画廊(名古屋市) 日本の手仕事展(出品) 2015年
GALLERY Art-Ship アート・シップ(名古屋市)2012年~2015年 3回
北鎌倉 ギャラリー蔵屋(鎌倉市)2016年
ギャラリー・アトリエ かんしょ(名古屋市)2016年
ギャラリータマミジアム(名古屋市) 小さな小さな木版画展(出品) 2017年
我逢人(大垣市)2002年~2017年 5回
丸善・日本橋店ギャラリー 木版画で彩る日本の四季展(出品) 2017年~2019年
亀山画廊(静岡市)2006年~2019年 8回
           東海ラジオ放送 天野良春リアル ものづくりの美に出演2012/9/1
          中日新聞 CHUNICHI Web  なごやデパート情報2007/4/27



   版 画 展 の ご 案 内
 
私の版画は、草木の花と実・野菜・山の風景を中心に、日常にかかわるさまざまをテーマにしています。一枚の版画が
日常生活のそれぞれの飾られた場所でどのような風景に溶け込んでいるのでしょうか興味のつきないところです。
版画制作の素材である和紙(越前和紙楮100%)・絵の具は天然顔料(植物性・動物性・鉱物性・他)・版木には天然の木目
にもこだわり、シナ・クリ・マツ・セン・エンジュ・キハダなど使用し、いままでになかった版画の表現を追い求めています。
いつものことですが次に制作する版画がどのような画題でどのような表情の版画になるのかわかりませんが、スケッチブック
に鉛筆で描かれた一本の線から少しずつかたちにしてゆくことは楽しいです。
                            

   2019年 版画展のご案内 
   
 渡辺洋一 画・刻・摺 木版画展

   2019年 2月7日(木)→2月18日(金)  2/20水曜休廊

       *会期は終了しました。    
     
作家在廊予定日 2/7(木)・16(

   亀山画廊
 静岡市葵区鷹匠2-4-40
       サンサウス静岡1F(TEL)054(252)5040
      P 駐車場は画廊の前にございます


   版画展のお問合わせは亀山画廊までお願いいたします

    http://www2.wbs.ne.jp/kame^g/

** 画像をクリックすると拡大しま 

展 示 作 品

                                                                        ** 画像をクリックすると拡大します
        展示作品は一部変更されることもあります




【つくし】

・額寸 32×25.5cm
・絵寸 12.8×7.8cm


【いぬふぐり】

額寸 32×25.5cm
・絵寸 12.8×7.8cm
 

【きからすうり】

・額寸 30.5×39cm
・絵寸 11×18.5cm


【鯛つり草】

・額寸 30.5×39cm
・絵寸 11×18.5c


【鎌倉・六月】

・額寸 39×30.5cm
・絵寸 18.5×11cm
【ラデッシュ(2)】

・額寸 39×30.5cm
・絵寸 18.5×11cm

【ラデッシュ】

・額寸 39×30.5cm
・絵寸 18.5×11cm
 

【やぶつばき】

・額寸 39×30.5cm
・絵寸 18.5×11cm

 
       
 

【ぼけ】

・額寸 39×30.5cm
・絵寸 18.5×11cm


【しらゆきげし】

・額寸 39×30.5cm
・絵寸 18.5×11cm 
 

どくだみ(2)

・額寸 43.5×36cm
・絵寸 29×19.5cm
 

【空の下・椿】

・額寸 43.5×36cm
・絵寸 29×19.5cm

       
       


【こぶし】
 ・額寸 73.6×55.4cm
・絵寸 51.6×37cm
 
【白い花菖蒲】
 ・額寸 73.6×55.4cm
・絵寸 51.6×37cm


【蟹】

・額寸 46.5×62cm
 ・絵寸 28.2×40.5cm

【キャベツ】

・額寸 46.5×62cm
 ・絵寸 28.2×40.5cm


 

【野菜物語】
唐辛子・スナップエンドウ・オクラ・獅子唐・アスパラ

・額寸 71.5×36.5cm
・絵寸 54×18.2cm


【白山吹】

 ・額寸 36.5×71.5cm
・絵寸 18.2×54cm


【シクラメン】

 ・額寸 36.5×71.5cm
・絵寸 18.2×54cm

【春よ来い】
苺・菜の花・たらの芽・こごみ・独活
・額寸 71.5×36.5cm
・絵寸 54×18.2cm

 
       


【においこぶし】

・額寸 365×71.5cm
 ・絵寸 18.2×54cm 


【五つの赤いりんご】

 ・額寸 36.5×71.5cm
 ・絵寸 18.2×54cm



【浅間残雪】 

・額寸 3165×71.5cm
・絵寸 18.2×54cm


【御嶽早春】

・額寸 36.5×71.5cm
・絵寸 18.2×54cm  

【鐵の道具・顔】

・額寸 91.5×46.5cm
・絵寸  71×28cm
【赤いカーネーション】

・額寸 46.5×91.5cm
・絵寸  26×71cm
 
【シクラメン―2】

・額寸 46.5×91.5cm
・絵寸  26×71cm
 


版画展作品のお問合せは http://www2.wbs.ne.jp/kame^g/までお願いいたします。

 



 木版画で彩る日本の四季展                              
           2019年1月2日(水)~1月6日(日)      丸善・日本橋店3階ギャラリー  
                * 会期は終了いたしました
 木版画特有の柔らかな色彩は、見る人の心を和ませます。
 日本の四季をおりなす豊かな自然や、美しい草花、愛らしい動物など、木版画で表現する作家たちの作品を取り揃え展示販売いたします。
日本橋店 3階ギャラリー
2019年1月2日(水)~1月6日(日)  
 (最終日は17時閉場)
<入場無料>
木版画特有の柔らかな色彩は、見る人の心を和ませます。
日本の四季をおりなす豊かな自然や、美しい草花、愛らしい動物など、木版画で表現する作家たちの作品を取り揃え展示販売いたします。
【出品作家】(敬称略)
■相澤弘邦 尾島聡、笠松三保子、久木朋子、本荘正彦、前田光一、山室眞二、渡部正弥、渡辺裕司、渡辺洋一






     版画展  
    2018年           
   2017年
   2016年
   2015年
   2014年  
  2013年
   2012年
   2009~2011

トップぎゃらりーお問合せ・ご注文渡辺洋一の略歴と版画展 |作品ふぁいる版木と絵の具・ばれん書票の小箱はんがの座
                                                                             Copyright(C) 2006 ちくさ工房 はんがの座